自治体議会の可能性

11月28日(土)県立美術館で「自治体議会の可能性」<三重県議会の改革に学ぶ>という演題で、三重県議会事務局次長、高沖秀宣氏の講演があった。2部は講師および福岡大学法科大学院教授、村上英明氏を交えて意見交換会があった。佐賀県には10市、10町がありそれぞれに議会がある。県議会を入れると21の議会がある。会場はあふれるばかりの盛況かと思いきや3割位の入りであった。議会改革にかくも無関心でよいのかと驚いた。ある教授の質問で「今議会がなくなって困ることはありますか。」という質問に「困る。」と答えた人はいなかったそうである。やんぬるかな~。慨嘆に堪えない。しかし基山町は、町長と議長および私を含め2議員が参加していた。議会は自ら改革し、議会としての任務を全うしなければならないのでは?007.gif
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by airborne-freefall | 2009-11-28 19:42

<< クロスロード図書館協力協議会の... M-9まちの駅九州会議 >>