第27回地域づくり団体全国研修交流会in佐賀

2月4日18時から前夜祭、5日AM事例研究(「やねだん」他)、PM大会開催で佐賀県知事の歓迎スピーチ及び「トークセッション」次いで分科会がスタートした。分科会は5日~6日に、13分科会が佐賀県各地で実施された。
テーマは、もやいで(もやい結び)つなぐ「協働のまち」であった。
本佐賀大会には北海道を除く各地から140団体約300名の参加者があった。
次の開催地は青森県である。
c0191129_0104842.jpg

佐賀県知事の歓迎スピーチ

c0191129_0125630.jpg

各分科会の紹介

<感じたこと>
「地域づくりは、どこかのコピーはだめよ。各地域で知恵を出し、汗をかいて作るもの。」という話は感動的であった。
各地から集われた方々を拝見していると地域の活性化に知恵を出し、汗をかかれているのがよくわかる。パッションと継続が大事で、ミラクルに出来るものではないと言われたのがよくわかる。

地域づくりは、それぞれの地域の土壌に合わせた、地域主権改革で人材育成が大事であると説かれた方がおられた。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by airborne-freefall | 2010-02-07 00:24

<< 北方領土返還要求佐賀県民集会 協働のまちづくりシンポジューム >>