議会改革に関する請願

5月6日(水)9時半から基山町議会運営委員会が開催された。委員会のメンバーは池田議員(委員長)、原議員、平田議員、大山軍太議員、松石議員及び林議員である。本日のテーマは議長から諮問があった「議会改革特別委員会の設置について」及び3月定例議会で議会運営委員会に付託をされた「議会改革に関する請願の審議について」の2案件であった。

1項目の「議会改革特別委員会の設置について」については全委員が賛成した。

2項目の請願は、①基山町議会傍聴規則の改正について(傍聴の際に録音、写真撮影及びビデオ撮影を認めるため傍聴規則の改正を求める)、②インターネットを活用した議場の情報公開について、③基山町議会報告会について(基山町の複数個所で議会報告会を実施することを求める)の3件である。

本請願は、松石委員のみが採択に賛成。他の委員は賛成しなかった。
本請願は、議会の状況(情報)を町民に公開すべきというものであったが、大部分の委員は公開すべきでないと判断したのだ。

議会改革特別委員会の設置に賛成した直後のことである。議会改革特別委員会を設置しても、議会の情報公開は論議しないということになる。何を改革しようというのか。
一貫性のない判断は理解に苦しむ。
議会の透明化は喫緊の課題である。大部分の委員は、議会を誰のものと考えているのだろうか?
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by airborne-freefall | 2010-05-09 23:48

<< 基山町議会の全員協議会開催 請願の取り扱い >>