11区子供クラブのアルミ缶回収に参加

5月30日(日)に11区の子供クラブがアルミ缶の回収をした。子供に交じって空き缶をつぶす手伝いをした。子供たちに交わり汗を流すのは楽しいことの一つである。
もっと多くの子供が参加すればよいと思った。最近の子供は忙しいようだ。保護者の参加も、子供クラブの役員さんのみのようだった。気になったことが一つ。「アルミ缶回収」と区からお知らせしているのに「スチール缶」が多く出されていることである。

平成12年に、高齢者を地域で支えようと介護保険制度が発足した。
現在、全国の母子家庭は170万世帯、父子家庭は120万世帯と言われている。2世代家庭が増えている。子育てで悩みを抱える方々が多い。子育ても地域で支えることが大事かもしれない。

引きこもりが300万人、うつ病が100万人いるといわれている。これは学校教育がナンバーワン教育からオンリーワン教育になったため又一人っ子が増えたためストレス耐性が弱くなっていることに一因があるのではないか。子育てにおいては、体力・気力=体育、社交性=徳育を育てることが必要であろう。知育偏重は是正が必要ではないか。「体育」、「徳育」、「知育」の基礎をなすのが「食育」であろう。
又現在社会では自栽者が毎年3万人を超え自動車事故で亡くなる人を超えている。若者の都会志向が減り故郷志向者が増えている。7年前は30%くらいであったものが現在は50%を超えているという報告がある。色々な見方ができると思うが、若者の独立心の欠如、チャレンジ精神の欠如の風潮と見れるのではないだろうか。近代オリンピックの創始者クーベルタン男爵が「人生において大事なことは成功することではなく、闘う(チャレンジ)ことである」と書いている。
子供本人のため、明日の日本のためにチャレンジする子供が一人でも多くなることを望むのは私一人であろうか。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by airborne-freefall | 2010-06-02 22:37 | その他

<< 明治大学公開講演会に参加 佐賀県隊友会総会 >>