平成22年度基山町三校PTA地区懇談会

c0191129_0333964.jpg7月2日1930時から基山町総合体育館で、三校PTA地区懇談会が開催された。保護者、各校の先生、地域の活動者等が参加して行われた。テーマは「子供の目線で話していますか?」であった。言葉の暴力“うざい”“きもい”等を平気で使う等々子育てに関する問題が話し合われた。大変有意義な会であったように感じた。
しかし子供達は“うざい”“きもい”等の言葉を悪いと思って使っているのだろうか。親が勝手に悪い言葉だと判断しているのではないだろうか。それは子供の目線と言えるのだろうか。親が悪いと思っても子供自らが悪いと判断しなければ改善されない。必要なことは子供の判断能力をつけることではないか。そのためには子供に“何故そのような言葉を使うの”“その言葉を言われた友達はどのように感じるだろうか?”等、質問し子供の判断能力をアップしないと問題の解決にはならない。
親が判断し押し付けるのを「しつけ」と考えるのでは根本的な解決にはならないだろう。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by airborne-freefall | 2010-07-03 00:50 | その他

<< クローバカフェに参加 CSO提案型協働創出事業受付相談会 >>