鳥栖JC(青年会議所)主催「鳥栖と基山の未来を考える」

10月17日の午後、基山町町民会館で、鳥栖JC主催で「鳥栖と基山の未来を考える」ワークショップが開催された。
c0191129_23202595.jpg





c0191129_23204852.jpg

西日本新聞の前田さんがファシリテーターを務められ◎鳥栖と基山が何を共有したらこの地域がもっとよくなるか。◎この地域がもっとよくなるために自分たちは何ができるか。
二つのテーマについて約3時間ワールドカフェ方式のワークショップで熱心な討議がなされた。日曜日でいろんな行事が重なったため参加者は多くはなかった。
目に見えない行政の壁があるため住民に満足感がないのではないだろうか。自分たちの地域のことをもっと多くの方々が考えると明るい未来が開けるのではないだろうか。鳥栖市会議員および基山町会議員では片山が一人が参加であったのは遺憾である。写真②は共有したら良いというものの項目であった。車社会および成熟した社会においては小さな自治体では住民に満足が行くサービスができないし効率も悪い。行政の壁は取っ払うべきではないだろうか。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by airborne-freefall | 2010-10-19 23:35 | その他

<< 協働化テストを考える会 児童養護施設「洗心寮」の運動会 >>