原発災害と危機管理

東電福島原発の災害に鑑み日本各地で対策が考えられている。九電玄海原発でも地震および津波による災害に対処しうるからとの見解であろうか原発の再開を認める決定を玄海町議会の特別委員会は行ったと報道された。
日本の原子力発電所は国土の関係からか海岸付近に設置されている。地震・津波の災害対策だけで良しとするのか。海からの攻撃即ち艦砲射撃、ミサイル攻撃、特殊部隊の攻撃に対する防御力について検討された話を聞かない。日本には有事という概念はないのであろうか。韓国や台湾の高速道路は戦闘機の発着が可能である。高速道路にエプロン(誘導路)の設備もある。日本の高速道路やトンネルには有事の配慮はない。戦争は起こしてはいけないが起こりうるものという考え方を持っていないといけないのではないか。警鐘を乱打したい。

[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by airborne-freefall | 2011-06-01 21:24

<< 佐賀県偕行会 東日本大震災における自衛隊等の活動 >>