基山町地域福祉計画

c0191129_22393059.jpg平成12年に行われた社会福祉事業法等の改正によって、市町村は「地域福祉計画」を作成することになっている。基山町は遅れること11年目にして「基山町地域福祉計画」の作成に着手した。
町長の方針がコンサルの活用は悪いことではないということで、今回も㈱ワイズマンコンサルティングが作成を受注した。
町の計画は何故職員自らが作らないのか。魂の籠った計画が出来ないだろうに。税金の無駄遣いであり職員の計画作成能力が向上しないだろうに。


11月20日住民の意見を聞くためのワークショップを開催した。役場の職員を加え18名の方々が参加し3個班に分かれて作業を開始した。現状の問題点、課題を洗い出すということであった。c0191129_22401734.jpgc0191129_22404437.jpg

管見:私は「作戦計画」、「戦闘計画」、「年度事業計画」、「各種行事計画」、「各種研究計画」等を自らの手で作ってきた。先輩、同僚、後輩も指揮官として或いは幕僚として同じ仕事をして来られたし、今後もされるであろう。自らの使命を達成するために、勝利するために脳漿に汗しなくてはならない。
営利会社も自分のところの「会社運営計画」、「事業計画」、「営業計画」、「販売計画」等は自らの手で作るのではないだろうか。
自ら頭に汗して作らない計画は、お飾りにしかならないのではないかと思う。無駄の最たるものではないか。

[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by airborne-freefall | 2011-11-20 23:10 | 行政関係

<< CSOフォーラムさが2011i... 基山町消防団秋季訓練 >>